「冬は嫌いだ」…軽度な冬季うつを実感中

冬は嫌いだ。

 

朝起きれば震える寒さで布団から出たくない。

昼は日の当たらない屋内でお仕事。

帰宅時には日が落ちていて薄暗い。

夜はパソコンに向かうもモチベが上がらない。

寝るときは冷え切った布団に入ってしばらく震える。

 

畑もないので日に当たることがなく気分が落ち込む。

 

はやく春が来て欲しい。

そして猫と一緒に畑に行きたい。

 


 

解説

 

一言で言えば「日々の寒さが辛いのと、日に当たらない生活で気持ちが落ち込んでいる」ということです。

寒さに関しては断熱された部屋と暖房器具があれば解消できる問題です。

 

問題は日に当たらない生活にあります。

「冬季うつ」という言葉があるように、日照時間が短くなると精神に悪影響をきたします。

労働や遊びへの意欲の低下、過眠、過食といった症状を自覚していますから、軽度な冬季うつ状態にあると思います。

 

様々な面から早く暖かくなって欲しいですね。

それと間食を我慢しないと7年ぶりに体重が増加してしまいそう…。

 

  

日記その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽあるいても

コメント

タイトルとURLをコピーしました