【米国株】NASDAQ100の月別騰落率を参考にして勝負する?

2009~2020年のNASDAQ100の月別騰落率を調べられた方の動画をみてふと思いました。

過去上がりやすい月にレバレッジかけて勝負したらチキンハートでも勝負できるんじゃないかと。

 

【後編】資産運用~勝利の方程式~知ってる知らないで雲泥の差!?

YouTubeチャンネル:【投資塾】知らないより知っていた方が役立つ話さん

 

詳細は動画を見たほうが良いので省きますが、こちらの情報を活用して投資するとなると次の方法が考えられます。

 

・3月末に購入 → 4月末に売却。4月は強気相場で、下落幅が小幅な傾向。

・6月末に購入 → 7月末に売却。7月は過去12年間プラスでありつづけた。

・10月末に購入 → 11月末に売却。11月の上昇幅は大きくないが、4月同様下落が小幅な傾向。

 

この方法ならば割の良いギャンブルができそうだと考えました。

 

 

この時に購入を検討する商品は以下の3つ。

・【TECL】テクノロジーセクター(VGT)に3倍のレバレッジを効かせたETF。

 AmazonやGoogleは含まれない。楽天会社で取り扱いアリ。

 

・【TQQQ】QQQ(NASDAQ100 ETF)に3倍のレバレッジを効かせたETF。

 素直にNASDAQ100を3倍にしてくれるので良いが、楽天証券で取り扱われていない。

 

・【iFreeレバレッジ NASDAQ100】NASDAQ100に2倍のレバレッジを効かせた投資信託。

 通称「レバナス」。売買に時間がかかるため売買タイミングを逆算する必要あり。

 

【TECL】は構成がNASDAQ100と結構異なるので、レバレッジの倍率は下がりますが【レバナス】も視野に入れています。

  

 

というわけで、次の好機である7月にいっちょやってみようかと思います。

執筆時点では4月上旬ですが既に3.5%ほど上がってしまっているので、

今からインするならば3月末の【QQQ】319ドル付近まで下落を祈ってからになりますね。

 

 

ただ過去の実績を信じるならば、過去10年間の年平均のリターンが約20%あるNASDAQ100を

1日でも早く買って保有し続けるのが最も楽で効率が良いと言えるのかもしれません。

 

意気込んで書き始めたけど記事を書き終える頃にはやる意味あるのかと自信がなくなってきました…。

やっぱチキンハート。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました