ついに【VYM】ETFの分配金が減少した(2020年3月分)

新型コロナウィルスの影響で、2020年2月後半から株価が急落しています。

「【VYM】バンガード・米国高配当株式ETF」も約94ドルから80ドル以下に急落しました。

下落のおかげで証券口座で表示される配当利回りは5%近くまで上がっており、

「果たして分配金は美味しいのか?」調べました。

 

【VYM】2020年3月の分配金実績・過去の実績と比較

 

好景気のおかげで何年も増配が続いていた【VYM】ですが、荒れ狂う相場の2020年3月ではどうなったのか見ていきます。

 

2020年3月権利落ち日の実績

2020年3月分配金権利落ち日(3月10日)の株価、分配金実績、分配利回りは次の通り。

 

株価 79.52 ドル

分配金実績 0.554400 ドル

分配利回り 0.70%

 

分配利回りが5%近いのに3月の分配利回りは0.7%、4倍しても2.8%…。なにかがおかしい…。

 

2013年~2020年3月の分配金と分配利回り

過去の3月の分配金実績データと比較してみると一目瞭然。

分配金が大幅に減少し、分配金は2017年と同等まで減少していました。

 

【VYM】3月の分配金・分配利回りの推移
【VYM】3月配当落ち日の株価の推移

出典:バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)>基準価額と分配金(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)よりグラフを作成

 

※今回は権利落ち日が例年より早いことも多少影響しているのかも(?)

 

まだ新型コロナの影響をあまり受けていない期間を含めてこれですから、

6月分の分配金は更に減少していてもおかしくないでしょうね…。

 

直近1年の優れた分配金実績から算出された分配利回りに注意です

 

「調べる前になんとなく値ごろ感で買っちゃった😵」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました