パソコンのDVDドライブは外付けにしよう

みなさんはパソコンの高額度ドライブ(DVD等)を頻繁に利用していますか?

おそらく多くの方は使っていないんじゃないかと思います。

 

PC Watchの記事「あっても使わない”のにDVDドライブ搭載ノートを買う日本人」によると、

『マイクロソフトの調査では、PCを購入して7年間、1度もドライブを利用しなかったという人が圧倒的に多いそうだ』とのこと。

 

多数の方がDVDドライブを使わない。しかし不思議なことにDVDドライブを搭載しているモデルを選ぶそうです。

使うかどうかわからないなら「外付けDVDドライブ」の方が便利だと思いますよ。

 

DVDドライブを内蔵しないメリットは3つあります。

・DVDドライブを内蔵しないノートパソコンはその分薄く、軽量な傾向です。

・14、15型のノートパソコンなら、M.2 SSDと2.5インチHDD又はSSDの両方を搭載できるモデルが存在します。

・「外付けDVDドライブ」を他のパソコンと使いまわしできます。

必要な時に「外付けDVDドライブ」をUSB接続すれば十分です。

 

うちのパソコンは、デスクトップとノートを新調した時、どちらも内蔵ドライブをなくして外付けDVDドライブ1台にしました。

デスクトップの3.5インチDVDドライブは「長期間使わないと開かなくなる(笑)ってことかもう2回起きています。

 

手持ちの外付けDVDドライブは「ロジテック LDR-PMJ8U2VBK」なので紹介したいところですが、少し前のモデルのため入手しづらいです。

 

今ならば、パールホワイトがおしゃれな「I-O DATA 外付けDVDドライブ 薄型/USB3.0/バスパワー/Win/Mac/EX-DVD04W」はいかがでしょうか。

 

ブラックカラーもあり、色によって価格が異なることがあります。

商品の詳細はIO DATA商品ページ「EX-DVD04シリーズ」をご確認ください。

 

Windows 10ならばCD-RやDVD-Rに書き込むことが標準で可能だそうです。

参考:Windows 10でCD-R/RWやDVDに書き込む方法(注意点) – 東京経済大学

  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました