いくつかの個別株を売却して高配当ETFに乗り換えました

暴落が落ち着いてからは株式を見ててもやることがないので放置していたのですが、

本日(4/23)個別株の一部を売却(損切り)して同額の高配当ETFに乗り換えました。

 

売却した銘柄は、今後も減収減益が続きそうな「生活に必須ではない小売」や「イベント企画の会社」の株式です。 

3月の優待や配当確定まで待ってたらズルズル下がってしまったわけですが、1ヶ月経っても特に変動ないので、ここいらで手仕舞いしました。

 

個人的な予想では、1年は軽度な自粛が続き、安心して出かけられるのはワクチンが量産された2年後だと思っていますので、持ち続ける理由がなくなりました。

 

とはいえ、このまま現金で持っていても損失を取り戻すことはできませんから、同額の高配当ETFに乗り換えてあとは放置です。

個別株は買うまでは色んな会社のIRを見て結構楽しかったんですけど、こういった事態になったとき、それを継続するのは労力がかかりすぎました。

今後さらなる暴落が起こったら預金から買い増します。

 

 

そして、今回購入したETFはこちら「iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF

ウォッチしている日本の高配当ETFの中では一番出来高の多い銘柄です。

 

構成銘柄を見ますと、景気の影響を受けにくい「ドコモ」「KDDI」「NTT」が組入比率上位に来て良いんじゃないでしょうか。

欠点は配当分配が年2回と少ないことですね。配当金目的で持つなら年4回は出して欲しいです。

5月末と11月末の年2回にリバランスが実施され、前後で比較したいのでcsvを保存しておきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました