2020年7月~12月に様々な投資信託を積み立てた結果(解約済み)

様々な投資信託に2020年7月~12月の間に毎月100円ずつ積み立てた結果、リターンは次のようになりました。

日本株や新興国株が上位にきたのは、上昇が遅れていたこれらが11月に急上昇した結果だと思います。

 

順位ファンド名投資先損益(%)
1三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)国内・日経平均8.75
2三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス新興国株式7.4
3農林中金-NZAM・ベータ NASDAQ100米国・NASDAQ1006.2
4ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)全世界5.92
5三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)国内・TOPIX5.58
6日興-グローバル5.5倍バランスファンド(1年決算型)レバレッジバランス5.56
7三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)全世界5.52
8三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス先進国5.09
9楽天-楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド米国・高配当4.5
10楽天-楽天・米国レバレッジバランス・ファンドレバレッジバランス4.44
11日興-グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)レバレッジバランス4.35
12楽天-楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)バランス型4.3
13三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)米国・S&P5004.15
14農林中金-NZAM・ベータ NYダウ30米国・ダウ3.61
15大和-iFree 新興国債券インデックス新興国債券3.53
16楽天-楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)バランス型3.19
17大和-iFree 年金バランスバランス型2.95
18ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスF8資産均等型バランス型2.75
19ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型バランス型2.65
20ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスF6資産均等型バランス型2.51
21One-たわらノーロード バランス(標準型)バランス型2.45
22楽天-楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)バランス型2.37
23ニッセイ-DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型)バランス型2.13
24One-たわらノーロード 先進国リート先進国リート1.91
25One-たわらノーロード 国内リート国内リート1.48
26りそなAM-Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)先進国債券(為替ヘッジ)0.29
27りそなAM-Smart-i 国内債券インデックス国内債券0.2
28楽天-楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド内外債券(為替ヘッジ)0.14
29りそなAM-Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)先進国債券-0.16
30三井住友TAM-SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)ゴールド(為替ヘッジ)-0.8
31三井住友TAM-SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジなし)ゴールド-2.86

 

なお、これらの積立はなんか違うな~ということで解約しました。

積み立て日がやはり中途半端なのと種類が多すぎる気がしました。

ちょうど年末なので練り直します。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました