投資

ETF・投資信託

【2020年6月】HDV・VYMの分配金、コロナ禍でも前年より増加

米国ETFのHDV・VYMから6月分の分配金が振り込まれました。 以前、VYMの3月の分配金の連続増配がストップし遂に減配したという記事を書きました。 しかし、6月は今回それ以上に増えていたことに驚きました。 HDVもコロナ禍に負けずまだ増配を維持しています。   出...
つみたて・NISA

SBI証券の特定口座で投資信託の毎日積立をはじめました(2020/3/9開始~5/30売却)

■2020/5/30追記 本日、毎日積立を解除設定しました。 それとファンドの売却も設定しました。 想像していたより早く株価が戻ってきてしまい、これ以上はつみたてNISAだけで良いかなと思いました。 株式が+7.5%、リートが+7.8%でフィニッシュ予定。 金額にする...
2020.05.30
つみたて・NISA

つみたてNISAでの毎月積み立て金額は平均で約2.4万円らしい(2019年末)

日本証券業協会が公開している「NISA及びジュニアNISA口座開設・利用状況調査結果について(2019年12月末)」を確認して、 つみたてNISAでみんながどれくらい投資しているのかチェックしてみました。   年買付口座数(※1)年間買付額平均年間買付額(※2)平均毎月買付額(※...
スポンサーリンク
ETF・投資信託

米国高配当ETF「VYM」に「SPYD」を組み合わせるとより分散される(2020/5/17)

米国の高配当株投資は、「バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)」に投資することで 約400銘柄に分散投資されており、基本的にこれ一本で高配当株式投資は良いと思っています。 しかしこれに「SPYD」を加えることで投資銘柄やセクターがより分散されることに気が付きましたのでご紹介します。...
つみたて・NISA

積立投資の購入頻度(毎月・毎日)によるリターンはほぼ同じ

たまにネット上で、積立投資に関して「毎月派」と「毎日派」による言い争いをみるのですが、 過去のデータを検証されている方によると 毎日積立も毎月積み立てもリターンはほぼ同じ になるそうです。   ・積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし(NIKKEI STY...
日記

いくつかの個別株を売却して高配当ETFに乗り換えました

暴落が落ち着いてからは株式を見ててもやることがないので放置していたのですが、 本日(4/23)個別株の一部を売却(損切り)して同額の高配当ETFに乗り換えました。   売却した銘柄は、今後も減収減益が続きそうな「生活に必須ではない小売」や「イベント企画の会社」の株式です。  ...
ETF・投資信託

株主還元型ETF「野村株主還元70連動型上場投信」の考察(2020年4月更新)

■2020/4/11更新 2020/4/7に分配金が出ていたのと、久々に組入銘柄をチェックしたら大幅に入れ替わっていたので記事を更新しました。 掲載内容を大幅に刷新。     日本国内の高配当ETFを探していたところ「2529:NEXT FUNDS 野村株主還...
2020.04.11
投資

現物の債券投資で感じた難点。コストが高く手間がかかる

外国債券への投資はちょっと前までは高金利が魅力でした。 例えばアメリカ国債10年は年利2~3%の利回りがありましたし、30年なら3~4%の利回りがありました。 しかし実際に投資してみると多数のコストや面倒な点に気づいたので紹介します。   債券投資の難点   現...
2020.03.27
ETF・投資信託

【2020年版】つみたてNISA向け投資信託を7つ紹介(3/19更新)

つみたてNISAで投資できるファンド(投資信託)を7つ紹介します。 債券中心の固いローリスクファンドから、株式中心のハイリターンファンドの中から、良さそうなものを厳選しました。 暴落に直面している今こそ、続ける上でリスク許容度を見直したいところです。   ファンド紹介前にザ...
2020.03.19
ETF・投資信託

ついに【VYM】ETFの分配金が減少した(2020年3月分)

新型コロナウィルスの影響で、2020年2月後半から株価が急落しています。 「【VYM】バンガード・米国高配当株式ETF」も約94ドルから80ドル以下に急落しました。 下落のおかげで証券口座で表示される配当利回りは5%近くまで上がっており、 「果たして分配金は美味しいのか?」調べま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました