【米国株】米国債ETFのTLTはIEFのおよそ2-3倍の値動きをする

私は債券ポートフォリオには米国債ETFの【TLT(20年超)】推しですが、

その値動きが激しさから何か例えられないかと調べたところ、

米国債ETFの【TLT】は【IEF(7-10年)】のおよそ2-3倍の値動きをすることに気づきました。

【TYD(7-10年 3倍レバ)】と比べてみると更にわかりやすくなります。

 

債券ETFの値動きを比較

 

2020年1~6月(コロナショック前後)

 

 

2020年10~2021年3月(長期金利上昇開始)

 

 

2019年

 

 

2018年

 

 

このように、TLTの値動きはIEFの大体2~3倍って感じじゃないでしょうか。

平均デュレーションも【TLT】18.40年、【IEF】7.90年なので、利回り1%の変化にたいして価格が2倍以上変わる感じになります。

デュレーションとは(PIMCO)

 

 

ETF・投資信託 投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽあるいても

コメント

タイトルとURLをコピーしました