【米国株ETF】アジア新興国にまとめて投資するGMFの魅力

新興国投資といえば【VWO】が有名かと思います。

こちらは経費率が0.1%と非常に安いのが魅力ですが、いかんせんパフォーマンスが悪いです。

 

「中国」と「インド」が含まれていて、実績の良いETFを探していたところ見つけたのが

【GMF】SPDR® S&P® アジア・パシフィック 新興国株式ETF

です。

 

こちらはまずまずリターンがよく、中国とインドの割合もそれなりに高いため、将来性もあると思いました。

 

【GMF】ETFの紹介(2020年11月19日現在)

【GMF】は「SPDR® S&P® アジア・パシフィック 新興国株式ETF」との名前の通り、

アジア地域の新興国に投資するETFです。

主に中国、台湾、香港、インド、東南アジアが投資対象に含まれます。

韓国は含まれません。韓国は先進国だったり新興国だったりETFによって扱いが異なります。

 

総経費率0.49%、平均取引スプレッド0.19% とコストはやや高め。

組入銘柄数1,248社

 

米国市場で取引可能です。

※記事内のデータは2020年11月19日現在のものとなります。

 

   

国別組入比率

半分近くが中国、次に半導体の多い台湾、3番目にインドとなります。

【GMF】2020/11/19時点の国別組入比率

 

 

組入銘柄・上位20カ国

組入銘柄の上位は中国のアリババ、テンセント中心に、インターネット企業が多く含まれます。

3番目には半導体製造で今後10年トップを走るであろうTSMC(台湾)。

インドは新興国らしく金融業が成長しており、ソフトウェア開発が上位に入る点にもインドらしさを感じます。

 

銘柄割合業種
Alibaba Group Holding Ltd.7.69%中国Eコマース
Tencent Holdings Ltd.7.25%中国インターネットメディアサービス
Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.5.88%台湾半導体
Meituan2.62%中国Eコマース
Reliance Industries Limited1.54%インド石油
JD.com Inc.1.43%中国Eコマース
China Construction Bank Corporation1.31%中国銀行
HDFC Bank Limited1.28%インド銀行
Housing Development Finance Corporation Limited1.09%インド金融
Infosys Limited1.09%インドソフトウェア
Ping An Insurance Company of China Ltd.1.07%中国保険
NIO Inc.0.89%中国電気自動車
Pinduoduo Inc.0.87%中国Eコマース
Industrial and Commercial Bank of China0.81%中国銀行
MediaTek Inc0.73%台湾半導体
Baidu Inc.0.72%中国インターネットメディアサービス
Hon Hai Precision Industry Co. Ltd.0.72%台湾電子工業
Xiaomi Corp.0.68%中国ハードウェア
NetEase Inc.0.64%中国エンターテイメント
Tata Consultancy Services Limited0.62%インドソフトウェア

 

 

トータルリターン・VWOとの比較(2020年10月31日)

それぞれのETFが公表しているトータルリターンは下記のとおりです。

2020年10月31日時点でのデータとなります。

 

トータルリターン・年平均GMFVWOVT(全世界)
過去10年間5.56%2.10%8.07%
過去5年間10.52%7.46%8.35%
年初来11.33%0.03%-1.16%
2020年10月31日のデータ

 

新興国全体のVWOと比べてリターンがまともで、投資しても良いかなと思わせる数値を出しています。

また、アメリカや先進国を含んだ全世界株式ETFの【VT】と比べても近年は好調です。

 

 

スポンサーリンク

話題の中国株ETF【CXSE】と比較

近年驚異的なリターンを叩き出していて注目されている中国株ETF

【CXSE】WisdomTree China ex-State-Owned Enterprises Indexとの比較です。

【CXSE】の投資対象は中国のみで、国有企業(国の株式保有割合が20%未満)ではない企業に投資するETFとなります。

中国に投資するETFとしては経費率0.32%と少ないのも特徴です。

 

  

組入上位20銘柄を比較

概ね【CXSE】に組み入れられている銘柄は【GMF】にも含まれています。

しかし【CXSE】では高い割合の銘柄が【GMF】には僅かしか含まれないという銘柄がちらほらあります。

そのため「【GMF】は【CXSE】の投資国拡張版」とは言えないと思います。

※同じ企業で違う市場に上場しているものは合算しています。

※同じ企業名でもティッカーが一致しないものがあり、手作業で修正したため、なにか誤解しているかもしれません。

 

 

【GMF】と【CXSE】のトータルリターンの比較

トータルリターンの比較は下記のとおりです。

中国の割合が50%しかない【GMF】と比べて高いリターンを叩き出しています。

 

トータルリターン・年平均GMFCXSEQQQ(米国NASDAQ100)
年初来19.71%52.94%37.30%
過去3年間7.47%13.89%24.56%
過去5年間12.08%21.63%21.53%
経費率0.49%0.32%0.20%
予想PER17.4923.8529.15

※CXSEの公式データが見つからなかったため、情報源を統一するためいずれもBloombergより引用。

※予想PERは各ETFの商品ページより引用

 

【CXSE】は2020年に一気に伸びたため非常に高いリターンを出しています。

参考までに非常に高いリターンを出し続けている【QQQ】と比較しても、過去5年間では上回ってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

私の意見

米国株だけじゃこの先心配ということで、

今月から中国がインドが含まれる【GMF】をちょこちょこ買い向かっています。

 

【GMF】予想PER17.49倍、【CXSE】予想PER23.85倍とのことなので、

これから買いに向かうなら【GMF】の方が割高感が少ないかもしれません。

 

東南アジアの株価指数は2018年年初のピークをまだ下回っていますが、

台湾、インドの株価指数は過去最高を更新したりと中々アツい環境です。

 

 

インド株式投資での注意点

インドの株価と為替指数(SENSEX30)為替(ルピー/円)
2010/1/116357.961.9575
2020/11/2143882.251.4013
リターン(現地通貨建て)168.26%-28.41%
リターン(円換算)92.04%

インド株式指数(SENSEX30)の過去10年間のリターンは168.26%と非常に高いです。

これだけだと非常に魅力的なのですが、注意したいのが為替レート。

10年間で約30%円に対して価値を切り下げています。

そのため円換算した株式のリターンは92%となります。

それでも投資する価値はまずまずあると思います。

 

 

このように、為替によって円換算のリターンが押し下げられるのは現地のインフレにあります。

インドの政策金利は4~8%と日本と比べてとても高金利なのですが、

高金利はインフレが原因なので、通貨の価値をどんどん毀損していきます。

そのため、成長できる国の株式への投資は報われる可能性がありますが、

通貨への投資(スワップ狙いのFX)は損する可能性が高いと思います。

高金利通貨への投資はやめておいた方が無難でしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました