【期待】11月6日、ゴールドマンの5つのイノベーションETFが統合されます

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)が運用している

イノベーションに関わる5つのテーマ型ETFが、2020年11月6日に1つに統合されます

 

5つのテーマ型ETF

 

GDAT】GS データイノベーションETF

 サブテーマ:AI、IoT、データインフラ、ビッグデータ、サイバーセキュリティー

 

GFIN】GS 金融イノベーションETF

 サブテーマ:フィンテック、資産運用改革、ブロックチェーン

 

GDNA】GS ヘルスケアイノベーションETF

 サブテーマ:高精度医療、ゲノミクス、長寿命化、ロボット支援手術、デジタルヘルスケア

 

GMAN】GS 製造イノベーションETF

 サブテーマ:ロボティクス、3Dプリンティング、未来型モビリティ、ドローン、クリーンエネルギー

 

GBUY】GS 消費イノベーションETF

 サブテーマ:Eコマース、ソーシャルメディア、モノより体験、教育の進化、オンラインゲーム、オンライン音楽/動画、健康関連消費

 

信託報酬:0.50%

組入銘柄:120社前後

対象国:グローバル

 

 

様々な国の企業が採用されているため若干信託報酬は高めです。

とはいえ、グローバルETFとしては標準的な水準です。

 

組入銘柄は下限0.1%~上限5%の範囲で構成されているため、

1つの企業への偏りが少ないのも特徴に上がると思います。

※例えばGDAT vs IXNを比較すると、IXNはアップルとマイクロソフトで35%近くを占めますが、

 GDATは上位10銘柄を足し合わせても30.90%です。

 

そして何より、これらのテーマは将来性が期待できます。

その分株価は過熱もしていますが。

 

なぜ統合するのかは、推測ですが1日の出来高が少ないからだと思われます。

平均で1000~5000しかないので。

「正直全部欲しい」と考えている身としては統合してくれた方が楽なので嬉しいです。

 

 

米国株は、以前は高配当ETFのVYMを中心に購入していましたが、

長く続く低金利とコロナで高配当銘柄の多いセクター(金融やエネルギー)が苦しいので売却しました。

 

現在は人が肉体で生きる限り成長し続けるであろうヘルスケア(VHTと、

発展の中心にある情報技術(VGTを中心にポートをフォリオを組み直しています。

 

配当金はほとんどなくなりますが、弱いセクターを除くことでS&P500を超えるリターンを期待できます。

※その他、少しクリーンエネルギーも買ってます。こちらもバブリ~。

 

ヘルスケアは医薬品やバイオテクノロジー、健康促進に関係するものです。

情報技術はソフトハードウェア、半導体、通信機器などです。

  

バックテストではヘルスケアセクターと情報技術セクターのどちらかを持っていればハズレません。

事業内容が今後も社会の中心にあると思うので、未来もハズレないと考えています。

  

これらのアクセントとして「GSイノベーションETF」を組み合わせると面白そうだなと思い、統合を待ちつつ記事にしました。

ポートフォリオのまずは10%、様子をみつつ20%まで組み入れるつもりです。

これもIT8割、ヘルスケア2割って感じですしね。

 

5つのETFは楽天証券で取り扱われているので、統合後も取り扱われると思います。

  

 

ETFの統合の詳細は「Goldman Sachs Asset Management Announces Reorganization of its Five Thematic ETFs」をお読みください(英語)。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました