Intel 500 M/Bの説明でM.2_1の仕様を誤解していた件

Intel 第11世代用のマザーボード(500シリーズ)で、M.2スロットの説明は次のようになっています。

 

Total supports 3 x M.2 slots and 6 x SATA 6Gb/s ports

Intel®11th Gen Processors

M.2_1 slot (Key M), type 2242/2260/2280/22110

– Only Intel® 11th Core™ processors support PCIe 4.0 x4 mode, this slot will be disabled for other CPUs

Intel® Z590 Chipset

M.2_2 slot (Key M), type 2242/2260/2280/22110 (supports PCIe 3.0 x4 & SATA modes)***

M.2_3 slot (Key M), type 2242/2260/22110 (supports PCIe 3.0 x4 & SATA modes)****

例:ASUS PRIME Z590-A

 

簡単にまとめると、

M.2_1スロット Intel 第11世代CPUのみPCIe 4.0×4をサポートそれ以外(第10世代)では利用不可。

M.2_2スロット PCIe 3.0 x4およびSATAモードをサポート

M.2_3スロット PCIe 3.0 x4およびSATAモードをサポート

となります。

 

で、これまで誤解していたのが

CPUにIntel 第11世代を装着していたとき、M.2_1スロットはPCIe 4.0のNVMe SSDしか使用できない

という思い込み。

説明文をそのまま受け取るとそう読み取れてしまいます(言い訳)

 

詳しい方なら知っているでしょうが、

PCIeスロットは下位互換があるためPCIe4.0のスロットでPCIe3.0の製品も使用できます。

ということは、第11世代CPUを装着時、M.2_1スロットでPCIe 3.0のNVMe SSDも使えるということです。

 

ASRock系のマザーボードのマニュアルにはM2_1スロットのモジュールサポート一覧としてPCIe2.0、PCIe3.0のNVMe SSDが掲載されているので使えるんだなということがわかります。

Z590 Steel Legend マニュアルダウンロード

 

M2_1スロットの仕様として、第10世代CPUを500シリーズのM/Bに搭載するとM2_1スロットが無効になってしまう原因と、それを克服した対応製品をMSIがブログで公開していました。

第10世代Intel CoreプロセッサーとB560マザーボードを使用したとき、M.2 スロットの1つが使えない問題をチェックしていきましょう!(MSI Blog)

なるほどなるほど、そう言いう理由なのね。

ただ新しいM/Bにあえて古いCPUを載せることはないと思うけども。

 

 

今年発売予定のIntel 第12世代CPUではPCIe 5.0やDDR5メモリーに対応しているようなので、更に仕様が複雑になります。

今のPCはグラボ以外変えるつもりがなくて1年間情報集めをサボっていたツケがこれでした。

 

 

PC 関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽあるいても

コメント

タイトルとURLをコピーしました