【MJ】大麻ETFの構成国に「Japan」が含まれている?!

アメリカの州で今後大麻が次々解禁されるという話を聞き、

いつものETF.comでMarijuana ETFについて調べたんですね。

 

そのなかの「【MJ】ETFMG Alternative Harvest ETF(ETF.com)」の構成国を見てみると、

なんと「Japan 3.42%」の文字が!?

 

『これは何だ?日本でも大麻に参入している企業があるのか?』

その正体を調べるべく、Googleに向かうのでした。

 

 

大麻ETFに含まれる日本企業は?

 

発行元のページ「ETFMG Alternative Harvest ETF(ETFMG)」を確認してみると、

どうやら「【2914 JP】JAPAN TOBACCO」、つまりJTが含まれていました。

 

「ではJTが大麻に参入しているのか?」と再びググってみてもそういった話は見当たらず。

解禁されたら参入するだろうという期待はされているけれど、参入したという事実は確認できず。

 

なぜ含まれているのか謎でした。

調べてみました!わかりません!(嫌われるやつ)

 

 

楽天証券では大麻ETFは取り扱われていない(2020/11/8 現在)

大麻ETFですが、楽天証券ではMarijuana ETFの9つすべて取り扱われていません。

個別銘柄は見る目がないのでETFを利用したかったのですが……。

 

 

一応、「【GXTG】グローバルX マルチテーマ成長株 ETF」という

グローステーマETFの詰め合わせの構成銘柄の1つとして、

GLOBAL X CANNABIS ETF」が20%前後含まれています。割合は日々変動しています。

 

このETFはスプレッドがかなり広く、買った瞬間に-1%近い含み損が付きます。

(証券会社の買付手数料で-0.5%、スプレッドで-0.5%くらい)

 

このETFは購入してから1ヶ月ほど含み損が続いて、利益に変わった瞬間売却してしまいました。

 

 

大麻関連企業はSBI証券の記事をチェック

それでは大麻関連企業に投資できないのか?というと、

米国では大麻も投資対象に!?市場で注目を集める「大麻関連銘柄」とは?(SBI証券)」

での記事で紹介されている個別株ならばすべて楽天証券でも取り扱われていました。

 

ただ、どうも売上が増えると赤字も増えるような環境みたいなので、やっぱり個別株は不安。

 

 

ETF・投資信託 投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽあるいても

コメント

タイトルとURLをコピーしました