次世代Radeon RX6000はRTX 3080のちょい下くらいか?

10月9日にAMDのイベントが行われ、新型のRyzen 5000とRadeon RX6000が発表されました。

 

こちらで発表された4K解像度でのRadeon RX6000のベンチマークは

 Borderlands 3 61fps (Badass Quality)

 Call of Duty: Modern Warfare 88fps (Ultra Quality)

 Gears of War 5 73fps (Ultra Quality)

とのことです。

 

これらをGeforceシリーズと比較してみると、RTX 3080にかなり近い数値であることがわかりました。

 

ゲーム画質設定Radeon RX6000Geforce RTX 3080
(fpsは参考動画リンク)
Borderlands 3Badass Quality61 fps約 70 fps
Call of Duty: Modern WarfareUltra Quality88 fps約 90 fps
Gears of War 5Ultra Quality73 fps約 80 fps

※RTX 3080のfpsは目視でだいたい平均これくらいかという値です。

 

公表されたRadeonの性能がどのモデルかは不明ですが、

躍進したRTX30世代と張り合える性能は持っているようです。

 


ここからは完全に推測が山盛りです。

 

上記のfpsの差から、ゲームにおけるRadeon RX6000とRTX3080の性能差がおよそ10%のようです。

過去の80番台と70番台の性能差を見ると、RTX2070と2080の性能差が10%強でした。 

そのため、RTX3080から10%を引いた性能がRTX3070となり、

Radeon RX6000とRTX3070が同等になるのではと予想します。

 

そうなると、RTX3070は500ドル~なので、Radeon RX6000は480ドルくらいになるのでしょうか。

RadeonはGeforceシリーズと比べてゲーム以外で機能的に劣るため、若干安く価格設定されます。

 

RTX3080およびRTX3090は当面品薄が続き年内いっぱいは回復しないとのことですから、

Radeonを選ぶ可能性が無きにしもあらずな感じです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました