【携帯】楽天モバイル(MNO)開通!設定するべきこと

2020年1月29日に 楽天モバイル の新プランが発表され、即日夜に申し込みをし、

本日SIMカードが届いて開通できました。

その時に設定したことを書き連ねていきます。

なお、これは楽天モバイル(MVNO)から乗り換えたときのお話です。

 

マニュアルを読みながらLTE回線を使えるように設定する

同封のマニュアル「START GUIDE」を頭から読みながら順に設定すれば問題なく行なえます。

が、読みたいところから読んで行った結果、多少混乱しました…。

 

まずMNP転入手続きを行う(重要)

アプリ「my楽天モバイル」にログインし、「MNP転入手続き」を行います。

ログインしましたら「申し込み履歴」をタップすると「MNP転入手続き」という項目があるので、「転入を開始する」をタップすると行えます。

手続きをする時間帯で開通時期が異なり、9:00-21:29は即日、21:30-8:59は翌日9:00に開通します。

アプリのダウンロードは「my 楽天モバイル(Google Play)」から。

MNP転入手続き中の画面

※これを実施してからSIMカードを挿し替えないと、Wi-fiからでしかネットに繋げなくなります(1敗)

 

SIMカードを挿し替える

SIMカードに挿し替えます。

マイクロSIMカードが送られてきましたが、更に切り取ることでnanoSIMカードにもなります。

 

楽天回線APNの設定を行う

手持ちのスマートフォンを引き続き利用する場合はAPNの設定を行います。

Androidの場合、「設定>ネットワークとインターネット>モバイルネットワーク>詳細設定>アクセスポイント名」から行えます。

ただ、SIMカードを挿し替えた時点で設定は完了されていました。

 

機内モード → 機内モード解除でネットワーク接続完了

一旦機内モードにし、機内モードを解除することでネットワークに繋がるようになるはずです。

ただ待つだけでは繋がらなかったので少し焦りました。

 

 

インストールした関連スマホアプリ

インストールした楽天モバイル関係のアプリを紹介します。

 

my楽天モバイル(楽天公式アプリ)

「MNP転入手続き」で利用するため、SIMカードを入れ替える前にインストールしておくべきアプリです。

楽天モバイルとの契約情報などが見れます。

my 楽天モバイル(Google Play)

 

Rakuten Link(楽天公式アプリ)

Rakuten Linkは無料通話で利用するアプリです。

詳しくは公式サイト「[Rakuten Link] 料金についてよくあるお問い合わせ

Rakuten Link(Google Play)

 

LTE回線状況チェッカー(非公式アプリ)

LTE回線状況チェッカーは、接続している回線を可視化できるアプリです。

回線が楽天回線かパートナー回線(AU)かを通知で表示してくれます。

パートナー回線の高速通信は使い放題ではなく5GB/月までなので、使いすぎが気になる人は入れておくと良いと思います。

LTE回線状況チェッカー – 楽天モバイルの回線エリアのチェックに便利♪(Google Play)

 

 

ついでに調べた気になる仕様

 

留守番電話サービス

留守番電話サービスは他社では月300円とか取られましたが、楽天モバイルでは無料です。

地味に嬉しい。

留守番電話(楽天モバイル)

 

楽天モバイル(MVNO)から楽天回線へ移行した時の手続き・料金は?

楽天モバイル(MNO)に移転が完了しましたが現在もMVNOの契約がまだ続いています。

疑問に思い調べたところ、今月はMVNO側の料金だけ支払う必要があるそうです。

MVNO側のメンバーズステーションで解約手続きが必要かどうかは見つからず。

楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)から楽天回線への移行についてよくあるお問い合わせ(楽天モバイル)

MVNOから)楽天モバイル(楽天回線)への移行方法

 

 

もし興味を持たれたら【楽天モバイル】公式サイトへ。

 

 

【ウキウキで即日申し込んだときの話】

 

 

日記 その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽあるいても

コメント

タイトルとURLをコピーしました