RTX3080が発売!レビューを読んだ4つの感想まとめ

RTX3080のレビューが解禁された(どころか本日発売)ということで、

レビュー記事を読んだ感想をまとめたいと思います。

レビューのレビューみたいな感じになってしまいました。

 

RTX3080はあらゆる面でRTX2080Tiより向上している

 

■参考記事

Nvidia GeForce RTX 3080 Review(TECHSPOT)

 

英語の記事ですが、

・「各種ゲームのWQHD・4Kゲームベンチマーク」と「RTX2080 Tiとの比較」

・「消費電力」と「ワットパフォーマンス」

・「1fpsあたりのコスト」

といった皆が気になる情報を網羅しているのでおススメです。

その分情報量が凄まじく多いので「この辺見るといいよ」って部分をかいつまんで見ていきます。

 

ゲームベンチマーク・vs RTX2080 Ti

14のゲームを検証されています。

1つ1つ見ていくと長いので、14のゲームの平均値を見ていくと楽です。

先のサイトを開いて、ページ内を「Performance Summary」で検索すると飛べます。

※ページ内検索は、一般的に「Ctrl + Fキー」を押すとブラウザの上の方に検索キーワード入力欄が表示されるので、「Performance Summary」をコピペしてください。

 

すると、様々なビデオカードのベンチマークが掲載されたグラフが表示されます。

RTX2080 Tiと比較して、およそ20~30%のパフォーマンスアップ

と言った感じのようです。

 

また、前世代のRTX2080と比較すると、前評判通り+50%の性能アップを果たしています。

1世代で伸びるパフォーマンスとしてはヤバイくらい伸びてます(従来はだいたい+20~30%くらいの認識)。

 

14ゲームの4K解像度の平均fpsが108ですから、RTX3080は4Kゲーミングの為に誕生したビデオカードといって過言ではないでしょう。

WQHDでは171fpsも出るため144Hzモニターとの相性もバッチリですね。正直欲しい。

 

 

消費電力・ワットパフォーマンス

次は「消費電力・ワットパフォーマンス」です。

「Power Consumption」で検索してください。ゲームベンチマークのすぐ下でもあります。

 

まず目につくのは圧倒的な消費電力です。システム全体で500W超えてます。

ビデオカードに限定しても約330Wです。

750W電源が推奨されるわけですね。 

 

一見、電力マシマシしてパフォーマンスを引き上げた様にに見えますが、

「fps÷消費電力」で算出された

「1ワットあたりのパフォーマンス(fps)」では最も性能が良い

結果を残しています。

+10%に満たないですが、一応ワッパは向上しています。

微妙すぎるので文字ちっちゃめ。

 

ところで、RTX20シリーズって上位モデルの方がワッパ高いんですね。

「RTX2080Ti>2070>2060」の順に下がっています。2080は悪化してますが、傾向として。

上位モデルは良い物が使われる証なんでしょうか。

 

 

1fpsあたりのコスト

最後に1fpsあたりのコストが掲載されています。

「Cost Per Frame」で検索してください。

 

このグラフは「MSRP(メーカー希望小売価格)÷fps」で計算された値だと思われます。

1fpsあたりの価格ですね。

青い棒が「1fpsあたりの価格」、下の灰色の棒が「fps」のようです。

 

WQHDでは、なんとRadeon RX5700シリーズが最も安価だと表されています。

3番目にRTX3080が来るのでコスパは高いです。

 

4Kでは堂々の1位。

4Kで実用的なのはRTX2080 TiとRTX3080の実質二択ですから、

1fpsあたりの価格がRTX2080Tiの半額以下に下がっていて非常に美味しい。

 

 

おまけのレイトレーシング

RTX20シリーズはレイトレーシングを使用すると大幅にfpsが下がっていました。

これはRTX3080でも変わらないようです。

ただ、レイトレーシング・オンによってRTX2080 Tiでは51%まで下がっていたところが、

RTX3080では59%で済むようになったため、多少改善していますね。

 

有り余るパワーでレイトレーシングを楽しもう

 

 


というわけで、WQHDで高fpsを目指す人や、4Kゲーミングをしたい人には現状最高のRTX3080。

700ドル🤢(国内では税込10万円前後)の価値があるかどうかは、あなた次第です🙄👉

 

 

Power Limitを利用して消費電力を抑えるとワッパ向上するらしい

 

実際に自分で使うとしたら、Power Limit(消費電力の上限)を80~90%程度に設定して使用すると思いますね。

ビデオカードだけで消費電力330Wは負荷が大きい…。

 

GeForce RTX 3080 FE im Test: Effizienz, PCIe 4.0 vs. 3.0, FE-Kühler, Fortnite RTX und Async DLSS 6/7(Computer Base)

上記の記事によりますと、RTX3080を定格の320Wから270Wに抑えることで、

パフォーマンスを4.2%犠牲にしながら270W消費電力を減らせるとのことです。

 

また、ワットパフォーマンスが12%向上するメリットもあるそうです。

これはデカい!

 

ちなみに270Wは、320Wの84%です。

 

消費電力の制限(Power Limit)は、「MSI Afterburner」というソフトウェアで簡単に設定できます。

MSI製のビデオカードでなくても利用できたはず。

 

次の画像の通りに操作すれば反映されます。

Power Limitを上げると怖いですが、下げる分には特に問題ないハズ。

 

 

PC 小ネタ PC 関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽあるいても

コメント

タイトルとURLをコピーしました