モデルの増えたRyzen 3000の魅力を主観で整理・Intel 10000とも比較

今年に入ってAMDから、2020年2月22日に「Ryzen 5 3500」、

5月16日に「Ryzen 5 1600AF」、5月23日に「Ryzen 3 3300X」「Ryzen 3 3100」と、

次々とロークラスからミドルクラスの新型が発売されました。

 

現行のモデルが増えまくって、特に下位モデルがごちゃごちゃなので、私の主観に基づいて整理してみました。

また一部のモデルは2020年5月20日発売のインテル第10世代とも比較してみました。

 

※なお、私はRyzenを愛用しているのでRyzenびいきです。

 

2020年5月・現行Ryzen良さ気なモデル解説

 

まずは表をご覧ください。

CPUアーキテクチャコア数/スレッド数最大ブーストクロック国内実売価格
・税込(2020/5/24現在)
主観に基づいたコメント
Ryzen 3 3100Zen2 7nm4/83.9GHz13,178使いみちがわからない
Ryzen 3 3300XZen2 7nm4/84.3GHz15,378ゲームに向いているが+1000円足して3500の方が良い
Ryzen 5 1600AFZen+ 12nm6/123.6GHz10,978コスパは高いがGT710等のグラボが必要
Ryzen 5 3500Zen2 7nm6/64.1GHz16,148格安ゲーミングPC向け。i5 9400Fとは互角
Ryzen 5 3600Zen2 7nm6/124.2GHz23,850スタンダードモデル
Ryzen 5 3600XZen2 7nm6/124.4GHz29,577単品だと割高。マザボとセットなら○
Ryzen 7 3700XZen2 7nm8/164.4GHz38,997R5 3600の上位モデル
Ryzen 7 3800XZen2 7nm8/164.5GHz44,799単品だと割高。マザボとセットなら○
Ryzen 9 3900XZen2 7nm12/244.6GHz59,9643700Xから+2万円で4コア増やせる良コスパ。第10世代Intel 10900Kのライバル
Ryzen 9 3950XZen2 7nm16/324.7GHz95,114一般向け(?)の現行CPUの王者。王者は値下がりしない

CPUの名前に黄色いマーカーを引いてあるものは良さ気なモデルです。

それぞれのモデルについて、更に解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

Ryzen 5 3600

お手頃価格のスタンダードモデル。

省電力、強化されたシングル性能、それなりに高いマルチスレッドと、総合的には前世代のハイエンドRyzen 7 2700Xよりも高評価。

更にはインテル第9世代 i7 9700Kにも迫る高コスパっぷり。

 

新たなライバル、インテル第10世代 i5 10400(6c/12t)と比較すると、アプリでは上回りでゲームではちょっと劣る関係の様子。

まだまだ「迷ったらコレ」といえるCPU。

 

参考:

RYZEN 5 3600 vs INTEL i5 10400F with RTX 2080 Ti (5 Games)(Real Gaming Test-Youtube)

AMD Ryzen 5 3600 vs. Intel i5 10400 CPU Benchmark Comparison(TechRacoon-Youtube)

Ryzen 5 3600 Vs. i7-9700K | 1080p and 1440p Gaming Benchmarks(NJ Tech -Youtube)

 

Ryzen 5 1600AF

圧倒的なコスパで発売から人気があるらしい。

デスクワークに向いていると思うが、オーバースペックな気もする。

グラボ不要のRyzen 3200G(約1.2万円)も要検討。

  • 画面出力用にグラボGeforce GT710(3000円~)を足しても安く、コスパ◎
  • 価格の割にマルチスコアが高く、アプリの速さは良好
  • Zen+世代なのでシングルスコアが低く、ゲームは苦手

参考:

AMD Ryzen 5 1600 AF vs Intel i5 9400F(PC Benchmarks -Youtube)

Ryzen 5 1600 AF vs Ryzen 5 3500X Benchmarks – YD1600BBAFBOX(Benchmark PC Tech -Youtube)

 


ところで、「Ryzen 1600AF」の「AF」って「Another Foundry」って意味なんでしょうか?

Ryzen 1600、2600は「GlobalFoundries」が製造していましたが、

Ryzen 1600AFはZen2世代を製造している「TSMC」製の12nmプロセスだそうです。

なので、「別のファウンドリー」という意味で「AF」なら納得です。

 

Ryzen 5 3500

ゲームではRyzen 5 3600に近い性能で8000円近く安い。

ただしSMT無効(スレッド数が半分)のためそれ以外では結構劣る。

インテル i5 9400Fが性能・価格共にライバル。

 

参考:1万円台で6コア!第3世代「Ryzen 5 3500」は低予算PC自作をどう変える? (AMD HEROES)

 

Ryzen 7 3700X

Ryzen 5 3600では物足りない人向けの上位モデル。

4万円強ながら、当時5.7万円のi9 9900Kに迫るハイパフォーマンスで省電力で大人気。

 

再びハイパースレッディングを手に入れたインテル第10世代 i7 10700Kには若干パフォーマンスで及ばないものの、

省電力実売価格の安さでまだまだ魅力のあるCPU。

 

参考:

Core i9-10900KとCore i7-10700K、Core i5-10600Kの性能を速攻検証(ASCII)

Intel i7 10700K vs Ryzen 7 3700X Benchmarks(PC Benchmarks -Youtube)

ワットパフォーマンスから紐解く、AMDの第3世代Ryzenシリーズ(エルミタージュ秋葉原)

 

Ryzen 9 3900X

Ryzen 7 3700Xでも物足りない欲張りさんなあなたに、たった+2万円でコアを4個追加してくれる素敵なモデル。

新たなゲームキングであるインテル第10世代 i7 10900K(10c/20t)と比べるとゲームでは劣るが、

こっちは12c/24tだぞということでアプリの動作は上回る。

またピーク時の消費電力が100Wも低く、省電力が光る。

 

またインテル第10世代に対抗する(とどめを刺す)ためか、

3900Xの価格を$499から$431に値下げ(約7000円引き)するらしいので、

本当に値下げされたらAMDは鬼(神?)ですね…。

 

参考:

AMD Ryzen 9 3900 XT, Ryzen 7 3800 XT, Ryzen 5 3600 XT ‘Matisse Refresh’ Desktop CPUs Confirmed – Same Core Config, Higher Clocks & Price Cuts For Existing Models(WCCFtech)

「Comet Lake-S」徹底検証 – Core i9-10900K / i7-10700K / i5-10500Kを比較レビュー(マイナビニュース)

Core i9-10900KとCore i7-10700K、Core i5-10600Kの性能を速攻検証(週刊アスキー)

Intel I9 10900K vs Ryzen 9 3950X vs 3900X | TESTED 12 GAMES |(For Gamers -Youtube)

 

 

スポンサーリンク

あとがき

 

Ryzenのスペックを整理したかったのと、インテル第10世代CPUの発売もあったのでついでに調べてみました。

まとめると「Ryzen 3000の圧倒的なコスパはまだまだ続く」ということで良いと思います。

ただ、「Core i5 10400F」が日本でも発売されたら魅力があると感じます。

 

 

今年9月に発売との噂のZen3はおそらく最後のDDR4メモリー対応版で、

X470マザーボードに対応するとのことなので楽しみに待っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました