Zen2搭載ThinkPad Eシリーズ発売!初動はちょい高め

モバイル版Zen2 Ryzen搭載のThinkPad Eシリーズが発売されました。

Intel版よりは安いという予想は当たっていて1万円ほど安いですが、

E585/595のときのような価格のインパクトがなく、期待ほど安くはありませんでした。

 

2020/6/17時点での一部の構成と価格を表にまとめました。

 

ThinkPad E14/15(AMD)の構成と価格(2020/6/17現在)

 

先に結論から述べると、以前のようにカスタマイズでめちゃくちゃ安くなるというのは現在ありません。

カスタマイズ内容については発売直後はわりとコロコロ変わるので今後追加される可能性もありますが、

人気のカスタマイズは削除されたりしていますから、短期的になるでしょう。

 

ではそれぞれのモデルを見ていきます。 

価格が重視されるEシリーズということで、主に注目されるであろうRyzen 5を中心に、

より安価なRyzen 3モデルを加えました。

 

CPUのカタログスペックはこんな感じです。

Ryzen 3 4300U(4c/4t)最大クロック 3.7GHz

Ryzen 5 4500U(6c/6t)最大クロック 3.7GHz

Ryzen 5 3500U(4c/8t)最大クロック 4.0GHz ※Zen+世代

 

実際のベンチマークに関しては情報がまだ少ないのでふんわりと参考までにこちらを見てみると良いと思います。

AMD Ryzen 3 4300U vs Intel Core i7-4500U vs AMD Ryzen 5 3500U(Notebookcheck)

 

ThinkPad E14(AMD) 14型ノート

新型のThinkPad E14(AMD)に加え、参考に激安カスタマイズ済みの前世代「ThinkPad E495」を掲載しています。

機種E14(AMD)E14(AMD)E14(AMD)E14(AMD)E495
モデル価格.com限定 スタンダード価格.com限定 パフォーマンス価格.com限定 パフォーマンス
(カスタム1)
価格.com限定 パフォーマンス
(カスタム2)
価格.com限定 パフォーマンス・FHD搭載
(カスタム)
価格57,75062,92056,32067,32037,950
CPURyzen 3 4300URyzen 5 4500URyzen 5 4500URyzen 5 4500URyzen 5 3500U
OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
メモリー4GB(オンボード)8GB(オンボード)4GB(オンボード)8GB(オンボード)8GB→4GB 2400MHz
ストレージ1256GB NVMe SSD256GB NVMe SSD256GB NVMe SSD256GB NVMe SSDNVMe SSD 256GB→128GB
HDD なし
ディスプレイ14.0型FHD IPS14.0型FHD IPS14.0型FHD IPS14.0型FHD IPS14.0型FHD IPS
指紋センサー/キーボードバックライトなしなしなしありなし

※黄色いアンダーバー&太字がカスタマイズした箇所

製品ページ:ThinkPad E14 Gen 2 (AMD)

 

ThinkPad E15(AMD) 15型ノート

こちらも同様に、新型のThinkPad E15(AMD)に加え、参考に激安カスタマイズ済みの前世代「ThinkPad E595」を掲載しています。

機種E15(AMD)E15(AMD)E15(AMD)E15(AMD)E595
モデルスタンダード価格.com限定 パフォーマンス価格.com限定 パフォーマンス(カスタム1)価格.com限定 パフォーマンス(カスタム2)価格.com限定 パフォーマンス・FHD搭載(カスタム)
価格59,82963,80057,20068,20041,250
CPURyzen 3 4300URyzen 5 4500URyzen 5 4500URyzen 5 4500URyzen 5 3500U
OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
メモリー4GB(オンボード)8GB(オンボード)4GB(オンボード)8GB(オンボード)8GB 2400MHz
ストレージ256GB NVMe SSD256GB NVMe SSD256GB NVMe SSD256GB NVMe SSDNVMe SSD 256GB→なし
HDD なし→500GB
ディスプレイ15.6型FHD IPS15.6型FHD IPS15.6型FHD IPS15.6型FHD IPS15.6型FHD IPS
指紋センサー/キーボードバックライトなしなしなしありなし

※黄色いアンダーバー&太字が標準構成からカスタマイズした箇所

製品ページ:ThinkPad E15 Gen 2 (AMD)

 

スポンサーリンク

安く入手するための3つの選択

 

1.安いカスタマイズができるまで待つ

2.楽天リーベイツの10~20%ポイントバックを待つ

3.表で紹介した旧型ThinkPadを購入する

 

1は実際にあるか不明です。

 

2の10~20%ポイントバックはこれまで毎年に数回ありました。

そこを狙えば実質5万円台で購入できますね。

 

3の旧型ThinkPadは表のようにダウングレードすると大幅に安くなります。

それにひと手間加えて、自身でメモリーやSSDを追加してUSBのOSイメージからOSインストールをすると安上がりです。

 

というわけで、新型ThinkPad Eシリーズは期待ほど安くなかったというお話でした。

 

ところで先行して発売されたThinkPad X13 Gen1(AMD)が販売を一時休止状態に入っていました。

何があったんでしょうね?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました